設定が超簡単でお値打ちなWi-Fiカメラ「TP-Link Tapo C100」の設定方法を写真付で

tapo-c100の箱
モーションセンサーがついたWiFiカメラが欲しくて探してたら、TP-Linkのものがありました。

現在、TP-LinkのDECOメッシュネットワークを作っていて、その設定や操作が簡単で使いやすいので、このWiFiカメラも使いやすいだろうと思い買ってみました。

スポンサーリンク

設定、操作は専用アプリから

まずは専用アプリをダウンロードする必要があります。
iPhoneしか持ってないので、iPhoneアプリを紹介します。

設定する

デバイス追加
デバイスを追加します。

種類選択画面
ここで登録した物を選択します。今回はC100です。間違って違うものを選択しても後に自動で変更されます。

電源確認画面
電源をON。

C100に直にWi-Fiをつなぐ画面
ここで表示されているようなSSIDにiPhoneのWi-Fiを繋ぎます。


アプリとTapoC100が繋がり、設定できるようになりました。

Wi-Fi接続画面1
これからTapoC100を自宅のWi-Fiに繋ぎます。

Wi-Fi接続画面2

Wi-Fi接続画面3
「次へ」を押して接続します。

Wi-Fi接続画面4
iPhoneを自宅のWi-Fiに繋ぎます。

ペアリング画面
同じネットワーク上のTapoC100とペアリング。

ペアリング完了。
名前を付ける画面
名前を付けます。

設置場所設定画面
設置した場所を設定。

設定中の画面

設定完了画面
アプリの指示に従って簡単にセットアップできました。

一番嬉しかった機能は動体検知エリア

動体検知エリアを設定できるのです。購入時の説明にはなかったかと思います。これは超便利な機能ですよ。

動体検知設定1
デフォルトでは全体に検知範囲が設定してあります。

動体検知設定2
このように範囲を設定できます。

どういいか?

監視する範囲に、通行量の多い通路があると頻繁に通知が発生します。そんなときには、その通路以外を動体検知エリアに選択すればいいのです。
選択は四角形でしかできないのですが、複数個の四角形を組み合わせてある程度は細かく指定できました。すごく便利です。

まとめ

Tapo C100は外で使うものではないので、防水等の機能はありませんが、その分格安です。
設定も簡単で、検知の通知もスマホに来るので便利です。

使用の際にはTP-Linkのアカウントを作らないといけないので、それが嫌な場合は使えないですね。
TP-Link IDの作り方

TapoC100にはマイクとスピーカーがついているので、会話をすることができます。
いい機能ですね。

買ってよかったです。

Tapo C100
Tapoカメラに関するよくある質問

タイトルとURLをコピーしました