電気圧力鍋のメリットとデメリット

もう一つ鍋を置けたらなあ

煮物してるとどこにも行けないなあ

電気圧力鍋を使えば、一つ多く鍋を使えるしコンビニに買い物だって行けるよ。

時短にもなるし、憧れの料理も作れていいことたくさんだよ!

そんな問題を解決できる電気圧力鍋のメリットとデメリットを、普段使っているシロカの電気圧力鍋を使って紹介します。

デメリットの解消方法もありますよ。

広告

デメリット

洗う手間がかかる
フタの内側

フタの内側

蓋の構造が複雑なうえ、分解して洗わないといけないのは手間がかかります。

グレーの部分がパッキンなのですが、それ外して洗う必要があります。フタ自体は丸ごと水洗いできるので、その点では楽です。

フタを分解したところ
フタについているパーツを全部外すとこんな感じ。分解しやすいけど、グレーのパーツは組み立てるときに少し手間がかかります。

洗うのはまだよしとして、組み立てて元の状態に戻すのがより大変です。慣れればそんなに気にならないですが、慣れるまでの頑張りは必要でした。

解決策

圧力鍋として使う場合は、解決策は見つからなかったので分解してあらってます。

低音調理の時の解決策はあります。

具材と調味料は熱に強い密閉袋に入れて、電気圧力鍋には水しか入れない。
電気圧力鍋には水分しかつかないので、しっかり乾かすだけで十分です。うちではこの方法でバッチリ使えてます。
長期間使わなかったり、湿気の多い日はちょっとだけ丁寧に拭いたりした方がいいです。
何回も使っていて感じたデメリットはそれぐらいでした。デメリットよりもメリットの方が多いので紹介します。

電気圧力鍋のメリット

煮物してても気楽

自動で調理してくれるので、目を離しても安心。ガスコンロを使わないので、そばについている必要がないのはものすごいアドバンテージ。コンビニだって、送り迎えだってOK。

シロカの電気圧力鍋の操作部分

このようになっているので、コースを選択してボタンを押すだけで調理できます。予約もできるので、食べる直前に完成させることもできます。

時短になる

圧力調理ができるので、煮物があっという間に出来上がる。牛スジだって加圧時間1時間かからずにトロトロに。普通の鍋て煮込むと2時間以上かかる作業を半分以下の時間でできるのは最高です。

一つ多く鍋が使える

煮物や汁物を作ることができるので、コンロでは違う作業ができます。

憧れの料理が簡単にできる

低温調理ができるのでローストビーフサラダチキンなどが簡単に美味しく作ることができます。低温調理のコースのボタンを押して放置しておくだけです。温度管理もおまかせです。

まとめ

電気圧力鍋を使えば、時間に余裕ができるし、温度管理が面倒な調理も簡単にできるし、同時に調理できる料理の数が一つ増えたり、いいことたくさん。外出中に料理ができるのはものすごく便利です。

洗うのが少し面倒だけど、それを上回る恩恵があるので手放せなくなりました。

置き場所の問題もあるのですが、これは手に入れて間違いのないキッチン時短家電でした。

タイトルとURLをコピーしました